• English
  • サイトマップ
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

用語辞典

Top  >  トピックス  >  2017年  >  JPRSの技術者が著者となった標準化過程(Standards Track)RFCが発行

トピックス: 2017年

JPRSの技術者が著者となった標準化過程(Standards Track)RFCが発行

2017/07/26

2017年7月25日(米国太平洋標準時(夏時間))、JPRSの藤原和典、慶應義塾大学/WIDE Projectの加藤朗氏、GoogleのWarren Kumari氏の共著によるRFC(RFC 8198:"Aggressive use of DNSSEC-validated Cache")が、標準化過程(StandardsTrack)として発行されました。

このたび発行されたRFC 8198はRFC 4035の内容を一部更新するもので、DNSSEC検証に対応したリゾルバーにおいて、キャッシュ済みのDNS応答を不在応答(*1)やワイルドカードによる応答の生成に利用することで、名前解決のパフォーマンスの向上や遅延・負荷の減少を図るものです。

*1. DNSにおいて、問い合わせが行われたドメイン名とタイプ(型)に一致するリソースレコードが存在しないことを示す応答です。
詳細はJPRS用語辞典の以下の項目をご参照ください。

※更新履歴
2017/07/27  本文の一部を修正
2017/07/31  本文の一部を修正

Copyright©2001-2017 Japan Registry Services Co., Ltd.